モードとファッションの流行WEB: アレキサンダー・マックイーンLA旗艦店オープン

アレキサンダー・マックイーンLA旗艦店オープン


【3月21日 MODE PRESS】アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)が4月7日、ロサンゼルスのメルローズ・プレイス(Melrose Place)に旗艦店をオープンする。広さは約945平方メートル。ロンドン、ミラノ、ニューヨーク、ラスベガスに続く同ブランドの旗艦店だ。

 ハリウッドで人気のマックィーンが、ロサンゼルスを選んだのはごく自然な流れだった。「僕の服の魅力を心から理解してくれるゲストに、より近づけることが嬉しい」とマックィーン。

 ブティックは有機的なデザインと高い天井が特徴だ。真っ白な店内には、高さ約2.7メートルのメタリックな彫刻「Angel of the Americas」が飾られる。作者の英国人アーティストRobert Bryce Muirは、もちろんマックィーンの顧客だ。

 店舗デザインはマックィーンのコンセプトに基づき、ラスベガス店を手掛けたデザイン集団「ペンタグラム(Pentagram)」のウィル・ラッセル(Will Russell)が担当。1フロアのみの劇場のような空間に、レディース、メンズ、アクセサリー、アイウェアコレクションが揃う。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。