モードとファッションの流行WEB: 女王陛下のワードローブとバッグの中身

女王陛下のワードローブとバッグの中身


【ロンドン/英国 AFP】エリザベス女王(Queen Elizabeth II)の80回目の誕生日を記念し、女王のイブニングドレスやアクセサリーの展示「Dress for the Occasion」が2006年7月26日から9月24日にかけてバッキンガム宮殿(Buckingham Palace)で公開されていた。ドレスの中には女王がフランス訪問の際に着用した、米国のファッションデザイナー、ノーマン・ハートネル(Norman Hartnell)の製作によるものもあり、見学に訪れた観光客を魅了している。ハートネルは1930年代に王室御用達のデザイナーとなり、同国で最も成功したデザイナーの 1人といえる。写真はハートネルが1972年にデザインしたスパンコール、ビーズ、真珠、ダイアモンドなどをあしらったドレス。(c) AFP/ADRIAN DENNIS

一国の女王は何を持ち歩くのか──。
王室専門ジャーナリストが、 その中身を徹底検証した。
10月に英国で出版された『What's in the Queen's Handbag(エリザベス女王のハンドバッグの中には何が入っているか)』。そんな、国民の好奇心を掻き立てる本をまとめたのは王室に詳しいジャーナリスト、フィル・ダンピアとアシュレー・ウォルトンだ。
本書によると、必ず入っているのは、金属製のS字フック。女王はこれを自らテーブルに設置し、ハンドバッグを掛けるのだという。また欠かせないのは、飴とチョコレートとクロスワードパズル。パズルは、女王に仕える者が毎朝、新聞から切り取っているそうだ。家族写真やエジンバラ公から贈られた鏡、またカメラを持ち歩いていることもあるという。
本書は、女王のハンドバッグの特殊な役割にも触れる。たとえばハンドバッグを食卓に置いた場合は、その夕食会はすぐに終了すべきだという合図。床に置いた場合は、会話がつまらないことを意味し、誰か救いに来るように、という合図だそうだ。

エル・パイス(スペイン)より。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071227-00000000-cou-int
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。