モードとファッションの流行WEB: ドナテラヴェルサーチ10年ぶりにロシアを訪問

ドナテラヴェルサーチ10年ぶりにロシアを訪問



【11月28日 MODE PRESS】10月に中国出張を終えたばかりのドナテラ・ヴェルサーチ(Donatella Versace)がインターナショナル・ヘラルド・トリビューン(International Herald Tribune)の07年度シュープリーム・ラグジュアリー・カンファレンス(Supreme Luxury conference)に出席するため28日、10年ぶりにロシアを訪問。現地で、彼女のデザイナーとしての遍歴や、富裕層が台頭するロシアのファッション業界への見解などについてディスカッションを行う。

 滞在中には、トロイツカヤ塔やカテドラル・スクエアなどを訪問し、リニューアルしたヴェルサーチのブティックでロシアの著名人を集めたカクテル・パーティーを開く予定だ。

ドナテラは「魅力的なエネルギーに溢れるモスクワという都市に、久しぶりに帰ってくることができ、とても興奮しています」とコメント。彼女の兄ジャンニは、1991年にロシア発となるブティックをオープンした。「10年前、モスクワにデザイナーブランドの店舗はほとんどありませんでした。しかし現在では、ファッションとラグジュアリーを洗練された方法で解釈し、楽しんでいる様子がみられますね」とドナテラ。

 ヴェルサーチ(Versace)は08年春夏メンズコレクションの広告キャンペーンモデルにパトリック・デンプシー(Patrick Dempsey)を起用。ジョナサン・リース・マイヤーズ(Jonathan Rhys Myers)とマーロン・ブランド (Marlon Brando)の孫Tuki Brandoの後任となる。ロサンゼルスでマリオ・テスティーノ(Mario Testino)が撮影した。(c)Fashion Week Daily/ MODE PRESS
| MILANO
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。