モードとファッションの流行WEB: H&M銀座店と、幻のパリ出店計画

H&M銀座店と、幻のパリ出店計画

H&M銀座店
H&Mginza.jpg
銀座7丁目ガスホール跡地に、スウェーデンの「H&M」銀座店が開店した。
遠方の人でもネットで買えるH&M トートバッグ
H&Mはアジアでは日本に先立ち、2007年3月に中国の香港、4月に上海へ出店し、好調な売り上げだ。

今年の日本に続き、来年はロシア進出の予定という。

当初H&Mは今年、鳴り物入りでパリに出店予定だったが、伝統的な高級店が立ち並ぶシャンゼリゼ通り商店街に巨大ストアはふさわしくない、という理由でパリ市庁から建設計画を拒絶されてしまった、という経緯もある。

それだけに今回の東京進出は、力が入っている。

またH&Mは、歌手のマドンナをデザイナーとして起用したり、カイリー・ミノーグを水着モデルにするなど派手なアイデアで話題をさらう一方、低価格でも品質管理には徹底的な質実剛健をつらぬくスウェーデン企業魂を合わせ持つ。

今回日本進出に当たっての初企画は、川久保玲の「コム・デ・ギャルソン(COMME des GARCONS)」とのコラボレーションだ。


| TOKYO
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。