モードとファッションの流行WEB

ガリアーノ。ディオール08年春夏クチュールを語る



1月21日から4日間、フランス・パリ市内で08年春夏パリ・オートクチュールコレクションが開かれている。
21日には、ジョン・ガリアーノ(John Galliano)が手掛けるクリスチャン・ディオール(Christian Dior)が新作を発表した。

 ガリアーノは、ボリュームと刺繍を操り。たっぷりとしたドレープ、素材を折りたたんで重ねたようなドレス、布のひだで作る大輪の花。

黒一色の背景に、たっぷりと刺繍を施された鮮やかな色彩が映える。象徴主義の詩人シャルル・ボードレール(Charles Baudelaire)の『悪の華』や象徴派の画家が好んだモチーフ「キマイラ」などがインスピレーション源だ。

コレクションに際し、ジョン・ガリアーノが新作について語った。(c)AFP/parismodes.tv

バレンチノ引退特集その5:セレブが語る最後のコレクション



フランス・パリ市内で23日、ヴァレンティノ(Valentino)が08年春夏オートクチュールコレクションを発表した。ヴァレンティノ・ガラヴァーニ(Valentino Garavani)による最後にコレクションを一目見ようと、女優のユマ・サーマン(Uma Thurman)やルーシー・リュー(Lucy Liu)ら各界の著名人が会場に集まった。

 鮮やかなピンクと紫のドレスで出席したルーシー・リューは「彼は驚くほど誠実で、素晴らしい騎士道精神とユーモアを持ち合わせていているわ」と話す。「本当は黒のドレスを着て出席する予定だったけど、ヴァレンティノにカラフルな服を着て、ショーを楽しんで欲しいと言われたからこのドレスにしたの」

 ミウッチャ・プラダら(Miuccia Prada)らデザイナーの姿も多かった。ミウッチャは「同じデザイン美学を持っていたわけじゃないけれど、彼の作品を尊敬しているし、この場にいることができてうれしいわ」と話す。アルベール・エルバス(Alber Elbaz)は「彼のノウハウ、繊細さ、グラマラスさ、ミステリアスさ、魔法、美しさ、美意識・・・全てを尊敬しているよ」と語り、エマニュエル・ウンガロ(Emanuel Ungaro)は「ヴァレンティノは魅力と人生そのものだ」とコメントした。

 クラウディア・シファー(Claudia Schiffer)やエヴァ・ハーツィゴヴァ(Eva Herzigova)、ナジャ・アウアマン(Nadja Auermann)らスーパーモデル勢も会場に駆けつけ、ヴァレンティノのショーに出場していた当時の思い出話に花を咲かせた。(c)Fashion Week Daily/MODE PRESS

ヴァレンティノ引退特集その4:自ら語るラストコレクション



フランス・パリのロダン美術館(Rodin museum)で23日、ヴァレンティノ(Valentino)が08年春夏オートクチュールコレクション発表した。

 ヴァレンティノ・ガラヴァーニ(Valentino Garavani)にとって今回のショーが今回が最後のコレクション。会場には、約800人のゲストが世界中から駆け付け、イタリアン・エレガンスの巨匠の45年間にわたる軌跡を称えた。繊細なプリーツを寄せた純白のロングドレスや、咲き乱れる花々が刺繍されたイブニングドレス、パステルカラーが美しいオーガンジーのフリル・・・。ショーのフィナーレには“ヴァレンティノ・レッド”と呼ばれる鮮やかな赤のロングドレスに身を包んだモデルたちが行進。ヴァレンティノは、極めて優美でシックな作品とともにファッションの歴史に名を刻むこととなった。

 コレクションに際し、ヴァレンティノ・ガラヴァーニ、モデルのクラウディア・シファー(Claudia Schiffer)とナタリア・ヴォディアノヴァ(Natalia Vodianova)、ビジネスパートナーのジャンカルロ・ジャンメッティ(Giancarlo Giammetti)がインタビューに応じた。(c)AFP/parismodes.tv

ヴァレンチノ引退特集その3:最後のパリコレ当日



【1月24日 AFP】1月21日から4日間、フランス・パリ市内で08年春夏パリ・オートクチュールコレクションが開かれている。23日には、ヴァレンティノ(Valentino)が新作を発表した。ヴァレンティノ・ガラヴァーニ(Valentino Garavani)は、今回のコレクションをもってデザイナーを引退する。(c)AFP

バレンチノ引退特集その2:最後のパリコレ前日打ち合わせ




ヴァレンティノ・ガラヴァーニ(Valentino Garavani)による最後のオートクチュール・コレクション前日、モデルのナタリア・ヴォディアノヴァ(Natalia Vodianova)はパリ市内のヴァレンティノのアトリエを訪問。ショーに向け最後のフィッティングを行った。

 ヴァレンティノの友人でもあるナタリアは、写真の黒いドレスの他、ショーのフィナーレを飾る赤のロングドレスを着てランウェイに登場。

メイクはパット・マグラス(Pat McGrath)が担当した。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。