モードとファッションの流行WEB

ブルガリ銀座タワーのすべて



ブルガリ銀座タワー(三共銀座ビル)
所在地:東京都中央区銀座2-7-12 (地図を見る)
発注者・事業者:三共
設計・施工:清水建設
敷地面積:634.82m2/建築面積:573.00m2/延床面積:5,586.00m2
階数および主構造:地下1階・地上11階・塔屋1階、S(柱:CFT)造・柱頭免震構法
bvlgari.jpg




11F:イタリアンガーデン(4月〜10月限定)
9〜10F:イル・リストランテ&イル・バール(ランチ11:30〜14:30/ディナー18:00〜22:30)
8F:プライベートサロン
5〜7F:オフィス
4F:アフターセールスサービスカウンター
3F:ブライダルサロン
2F:アクセサリー&ギフト
1F:ジュエリー&ウォッチ

営業時間
ブルガリショップ=11:00〜20:00
飲食フロア=12:00〜24:00

【おすすめ】
10階の「イル・バール」で18時半から20時半までに酒をオーダーした客が受けられるイタリアン・アペリティーボ(イタリア流食前酒)サービス。ミラノのブルガリホテルのラウンジ・バーで行っている人気のサービスとかで、酒をオーダーした客に対し、店側がサービスで料理を提供してくれる。

 銀座のこの店では、前菜2品、ショートパスタや肉を使った惣菜、スイーツなど計5品を小皿で、時間を置いて一皿づつ順番に無料で提供する。
| TOKYO

ドナテラヴェルサーチ10年ぶりにロシアを訪問



【11月28日 MODE PRESS】10月に中国出張を終えたばかりのドナテラ・ヴェルサーチ(Donatella Versace)がインターナショナル・ヘラルド・トリビューン(International Herald Tribune)の07年度シュープリーム・ラグジュアリー・カンファレンス(Supreme Luxury conference)に出席するため28日、10年ぶりにロシアを訪問。現地で、彼女のデザイナーとしての遍歴や、富裕層が台頭するロシアのファッション業界への見解などについてディスカッションを行う。

 滞在中には、トロイツカヤ塔やカテドラル・スクエアなどを訪問し、リニューアルしたヴェルサーチのブティックでロシアの著名人を集めたカクテル・パーティーを開く予定だ。

ドナテラは「魅力的なエネルギーに溢れるモスクワという都市に、久しぶりに帰ってくることができ、とても興奮しています」とコメント。彼女の兄ジャンニは、1991年にロシア発となるブティックをオープンした。「10年前、モスクワにデザイナーブランドの店舗はほとんどありませんでした。しかし現在では、ファッションとラグジュアリーを洗練された方法で解釈し、楽しんでいる様子がみられますね」とドナテラ。

 ヴェルサーチ(Versace)は08年春夏メンズコレクションの広告キャンペーンモデルにパトリック・デンプシー(Patrick Dempsey)を起用。ジョナサン・リース・マイヤーズ(Jonathan Rhys Myers)とマーロン・ブランド (Marlon Brando)の孫Tuki Brandoの後任となる。ロサンゼルスでマリオ・テスティーノ(Mario Testino)が撮影した。(c)Fashion Week Daily/ MODE PRESS
| MILANO

イズリール12月2日まで07/08年秋冬渋谷パルコ限定ショップ



高倉一浩(Kazuhiro Takakura)が手掛けるファッション・ブランド「イズリール(IZREEL)」が12月2日まで、東京・渋谷の渋谷パルコに期間限定ショップをオープンしている。

 店頭では、リメイク商品や、07/08年秋冬コレクションを中心に展開。オーガニック原料を配合したアロマフレグランスや、原宿の直営店にも無い限定商品なども取り扱う。

 03年5月からスタートした「イズリール」は、アメカジにヨーロッパのテーストをミックスしたストリートスタイルを得意としている。メンズ誌などで注目を集めるなか、08年春夏シーズンには、ラフォーレミュージアム原宿で初のランウェイショーを開催。04年8月から欧州に進出し、現在はイタリア・ミラノを中心に10数件のオーダーを得るなど、海外での活躍も注目されている。

中南米08年春夏セントロアメリカ・モーダ



【サンサルバドル/エルサルバドル 26日 AFP】エルサルバドルの首都サンサルバドルで中央アメリカ出身のデザイナーが新作コレクションを発表する
08年春夏セントロアメリカ・モーダ(Centroamerica Moda)」

開かれた。会期中には、コスタリカ出身のSonia Chang Diaz、グアテマラ出身のJuan Carlos Gordilloらが新作を披露した。

デザイナー
やファッションブランドとしてはなじみの乏しい中南米だが、ミス・コンテストでは常連組の美女揃い諸国だけに今後経済発展とともにハリケーンの目になる可能性を秘めている。


ディーゼル08/09年秋冬NYコレクション先行プレス


ディーゼルから、新たなコレクション「ディーゼル・ブラック・ゴールド(Diesel Black Gold)」が登場する。来年2月に開かれる08/09年秋冬ニューヨーク・コレクションで初披露される予定だ。

■プレタポルテの新たなコンセプト

 ディーゼルの創始者兼社長のレンツォ・ロッソ(Renzo Rosso)は、「我々は、ラグジュアリー市場にプレミアムデニムを紹介した先駆者だった。そして今、新たなプレタポルテのコンセプトを定義しようとしている。ディーゼルのスピリットと、個人の洗練されたスタイルをブレンドさせた、エクスクルーシブなコレクションに仕上がった」と語る。

 メンズ・レディース両ラインのデザインを手掛けた、クリエイティブ・ディレクター、ウィルバート・ダス(Wilbert Das)は「高いファッション性、洗練されたファブリック、思いもよらないディテール、特別な加工技術。その全ての要素が、ディーゼルの強い個性やカジュアル感覚と融合して完成したものだ」とコメントしている。

■黒地にゴールドのタグ

 新コレクションには、黒地にゴールドのタグが付く。価格は、ジャケットで220〜600ユーロ(約3万5500〜9万6800円)、Tシャツで50〜150ユーロ(約8000〜2万4200円)程度の予定。靴、バッグ、アクササリーなどは09年春から展開する。

 「ディーゼル・ブラック・ゴールド」は、メインコレクションや、「ディーゼル・デニム・ギャラリー(Diesel Denim Gallery)」同様に、世界の主要旗艦店や、百貨店、セレクトショップ、ウェブストアなどで販売される予定。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。